枚方市障害者事業協会の発足

 枚方市において、平成4年3月に「枚方市障害者施策行動計画」が策定され、市内各関係機関が参画する

「障害者雇用促進連絡会」による民間企業などへの啓発や、市職員への雇用、福祉的就労の場の整備などを

課題に挙げ、障害者の働く場の確保・拡大を図ることを打ち出しました。そして、平成4年5月、枚方市内の福祉団体や共同作業所が広く障害者などによびかけ「枚方障害者の就労を考える会」を結成、就労などを促進していくために障害者事業協会の設立をめざし、このような働きの中で考える会と枚方市社会福祉協議会と連携を図り、平成5年2月に「枚方市障害者事業協会」が発足しました。

 

現在までの事業協会

障がい者の自立や社会参加を図っていくためには、障害を持つ人・持たない人も誰もが地域でともに生きることができる社会こそノーマライゼーションの理念の実現とともに、福祉サービスをはじめとする各種施策の推進、及び就労・雇用などの働くことが大きな柱として職域拡大・職種開拓を図って参りました。

 枚方市王仁公園に枚方市立ふるさと農園「ひらかたの郷」(現在のわらしべ園のある場所)の施設を利用し、就労実習として、農作業・喫茶・観葉植物のリース業・除草作業・内職・販売実習、啓発事業等を行っておりました。

何時しかふるさと農園を追い出され転々と移転を繰り返し、利用者の方々には大変ご迷惑をかけて参りました。

転々としている間に施策制度が変わり、事業協会もその施作制度に対して変更を余儀なくされ、平成17年7月に「特定非営利活動法人枚方市障害者事業協会」として法人化することになりました。「就労継続支援B型」として事業を開始しました。現在に至ります。

 

これからの事業協会

 現在約50名の利用者の方々が「わお」「グリーンハウス」各事業所で社会参加と自立を目指して、

「わお」は内職・創作活動をし、ラポールにおいて喫茶と販売実習を行っています。

「グリーンハウス」は同じく内職・創作活動・観葉植物のリース業・除草作業・販売実習など毎日の活動に利用者の皆さんには頑張っていただいております。

 枚方市の障害者計画の中に工賃目標が一か月15,000円を計画されていますが、仕事内容から目標金額達成にはなかなか大変なことです。

 年月の流れから「親の高齢化・子の障害の重度化」が刻々と波よせており、現在は社会参加と活動の場としてわお・グリーンハウスの就労継続支援B型がありますが、作業ができない利用者さんも出てきます。その為には、生活介護事業(多機能事業所)も必要になって参ります。また、親亡き後どのような生活の場があるのか、グループホームまたはケアホーム・自宅で居宅(ヘルパー)を利用しての生活、様々な生活ありますが、現在の資源では限りがあります。親の元気な間の活動として、子供たちの将来の生活の場(終の棲家)を送球に考える必要性を感じております。この特定非営利活動法人 枚方市障害者事業協会の将来像をはっきりと打ち出していく必要があります。

 みなさんの支援から成り立つ事業協会です。

目的を持ち将来のことを見極め、推進していきたいと思います。

 

            

平成28年2月  理事長 岡崎成子